スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

店番日誌ディープ・むし展と・・。

こんにちは、店番です。
今日は告知通り、むし展作品のご紹介をするのだけれど、その枕としては、あまりに重い話しをしてしまいたい。
※(むし展作品の紹介を読みたい方は『ここから!』ってところから読み始めて下さいな)

話したいのは、山口の集落でおきた殺人事件の事です。
私はあれがもう、おもりのように苦しくて、何かどうしていいか分からない気持になります。
尋常じゃない事件があった時にはよく、被害者の状況とか、加害者の犯罪に行き着く過程とかをシュミレーションして想像します。それは人ごとでは無く、自分はいつだってそういう所から、紙一重にいると思っているからです。もっとはっきり言ってしまえば、私はすべての人が、微妙なバランスで道を踏み外さずにいられているだけなのだと思っています。
雑誌等で掘り下げられていた犯人の人物像は、確かに暴力的で常識を逸した部分もあるんだけど、ぶっちゃけ、あの程度に逸した人はいくらでもいる。
暴力性と同時に持っていた人を恋しがる弱さ。人が訪ねて来ない事を寂しがってノレンを下げてみる。村おこしになるんじゃないかと、庭に奇抜なオブジェを置く。・・ああ、特に奇抜なオブジェなんて、私は今だって充分ベランダにあったりするからね。「そう言えばあの家は・・」なんてインパクトのある写真撮れるよ。
すごく初期の大江健三郎の小説には、田舎の、田舎なんて言葉から連想されるほのぼのとした物とはほど遠い、息苦しいほど閉鎖的で、それ故に暴力的な景色が、よく書かれていた気がする。暗い森の中の話し。
学生時代、熱心な大江文学のファンだった私は『芽むしれ仔撃ち』とかのリアルな世界観に暗澹たる気持になっていた。そしてつい最近、とある地域に住むニヒル牛の作家さんから、作家さんの住むその集落で立て続けに起こった自殺の連鎖の話しを聞いた。
閉ざされた空間で起きる事件。尼崎や北九州の連続殺人も、連合赤軍の山岳キャンプも、村八分にされた山奥の山村での殺人も。その場所に生きてる自分を想像して、どうしたら殺人者を作らずにいられるのか。その闇に飲まれてしまった時、どうしたら自分や回りを助けられるのかを考える。
私達はたまたま、ここにいられるだけ。被害者になる、加害者になるという想像力は、少なくとも、自分と大事な人を少しは守れる手がかりになるのではと思っています。ほんとに微々たる手がかりだけど。
私は、あの山口県連続殺人の加害者の膨れ上がってしまった憎しみと絶望が、苦しくてたまらない。

はあ。重かった。

『さて、ここからむし展!!』
「天井からこんにちは!」
まずはお馴染みの巨大虫シリーズ。アトリエ☆イボヤギさん。・・どこに向かってんだ、イボヤギさん。オレンジがいかしてます。

キラキラとしたガラスの羽。
こちらは今回初参加のヨコタケイさんです。光に透かすとより美しいです。

ガラスがあるなら木もね!
すごいインパクト。かっこいい蛾のネックレスはshiromamireさん。

そしたら紙だっていってみたい!
影絵の虫かごが幻想的。CHIKAZOさんです。

布の幼虫はインパクト大だ。
抱きしめて上げて下さい。もこもこの幼虫達はななをさん。

生き物への愛がひしひしと。
いつもながら精巧な立体は地球の玉手箱さん。

さて、素敵な花の鉢・・いやいやこれは・・。
ぎくっとしてうおおとなります。花カマキリの鉢は金田さん。

虫達の儚い・・。
妖精の気持でつけてみて。ロマンチックなアクセサリーはお拾いものさん。

アクセサリーはこんな楽しいのも。
シュレ猫屋さんの可愛い指輪はてんとう虫付き。

ふわふわとした身体がほんとに化身みたいな・・。
YU奇さんのお人形はオオミズ・アオ。

本格虫好きにはこちらもおすすめ!
模様もリアルな佐藤創一さんの毛虫達!

相変わらず圧巻の物語性・・。
これは紙魚(シミ)っていう虫。本の中に潜んでたり紙を『舐めるように食べる』んですって。一緒にある本ももちろん革製で、食べられた後があります。作者はあまのじゃくとへそまがりさん。

最後に、ニヒル牛・ニヒル牛2を大胆に緑で埋めてくれたのは清水図工室改め清水ボランティア協会さんです!
むし好きはもちろん、そうで無い方もよろしければ!


スポンサーサイト

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • 18:16
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
個人が狂うのと国家が狂うのでわ、後者が身の毛よだち、
前者はまあお気の毒です。
  • やまざき
  • 2013/08/09 7:43 PM
オオミズアオ、激ほしいんです
  • やまざき
  • 2013/08/09 7:47 PM
国家も、思いの外簡単に狂いますね。
オオミズアオ、かわええです。
  • ニヒル牛 石川ある
  • 2013/08/10 3:01 PM
楽しく拝見しました!シミのキーワードで探してのヒットですが、虫好き(私はまだまだ最近です)の集まり。楽しそうでワクワクしました、頑張ってください!ちょこちょこ読みに来ます!
  • yamauchi
  • 2018/03/22 2:15 AM
コメントする








   

プロフィール


石川ある
いしかわある 西荻窪 ニヒル牛・ニヒル牛2オーナー 埼玉県所沢市出身。ニヒル牛2では、今『旅の本展』開催中!

バックナンバー

過去の記事

コメント

リンク

others


sponsored links