スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

店番日誌ディープ・あづい・・・・・。

あづいです。
一歩外に出ると、溶けそうなほど、あづいです。
先週は私用でばたばたしてしまい、お休みしてしまいました。すいません。
今回は、その私用のばたばた模様を書かせていただこうかな、なんて思っとります。
もうね、こんないい訳も今さらですが、まったく店番日誌じゃないですね・・。
しかし!
来週は、いよいよ始まるニヒル牛2海展を紹介致しますよ!
うん!!
来週はすごく、店番だ!

さて。
先ほども書きましたが、先週の火曜日、私とだんなは大変ばたばたしておりました。
本当は私達は、この日から三日間ばかり沖縄にひゅんと飛ぶ予定だったのです。
真っ青な海を見ながらシークワーサージュースを飲んだり、公園のベンチでかき氷を食べたり、市場でサーターアンダギーを食べたり、横道にひょいとある店でソーキソバを食べたりと、とにかく色々と食べるはずでした。
もうね、端から食べつくす気満載でしたよ!
しかし、ああ、何てこった。
私達が出発する数日前から、不穏なニュースが流れ始めていました。
台風9号。
ネットで『台風が三つ、沖縄で待ち合わせ』という記事を読んだ時には、しばし遠くを見てしまいましたよ。
そうか。台風、待ち合わせか・・。
どうしよう。
出かけた旅行先で何も出来なくなるのは、まあそれは仕方無い。一つの思い出だ。それに今回はリゾートホテルだから、開き直ってホテルでゆっくりすればいい。
ただ、帰りの飛行機が心配。
私は翌日が仕事で、だんなは翌々日が仕事。
大人として、仕事に支障をきたす訳にはいきません。もうそのくらいの分別はあります(涙)。
ぎりぎりまで迷っていたのですが、今回旅行を手配したじゃらんは親切でした。『台風の影響があるかもしれないので、直前の中止でもキャンセル料はかかりません』そんなメールも届き、泣く泣く中止を決定したのは、もう出発前日でしたよ。
その後は2人でおいおい泣きながら、カバンに詰めた水着を片付けたり、沖縄の本をそっと閉じたりしていたのですが、もちろん一度膨れ上がってしまった、この旅心は治まりがつく分けないのです!私なんて、一日店番代わって貰ったんだからよ。
「どこかには行く!」その決意のもと、気持を切り替え、新たな旅行先を探し始めました。
ぶっちゃけ日本なら、2泊あれば大概の所には行けます。なんせ今回は沖縄の予定だったのだから、もう日本中のすべてが私達の旅先候補だったね。
あたいたちは、自由だったよ
漠然とあった決め事は、中止になった沖縄旅行の予算以下(1人48000円くらい)で収めたいなあと。
どうしよう、どうしようとネットと本を駆使して、まず最初に考えたのは九州。
私がとても大事にしている冊子『自遊人・美味しい宿大賞』にも紹介が載っている、大分の美味しそうな宿はどうかしら?しかし、ここは飛行機降りてからの移動がさらに大変だとだんなが却下。
お次ぎは、広島と岡山辺りにある島はどうか?とだんな。
「ほら、あるくん!美術の島!美術館みたいな所に泊まれるよ!!」「だけどな、だんな、高いよ・・」「ほんとだっ!」もちろん却下。
「そしたらあるくん、昔、毒ガスの研究所があって、地図にも載っていなかったんだけど、今は島中にうさぎが・・」光速で却下!
なんでたまの休みに、そんな色々と濃い所に行かなきゃなんねえんだよ・・しくしくし。
結局その日は決められず、明日じっくり探そうと2泊での遠出は諦め、私達の旅行は1泊になりました。
翌日起きてからまたまた行き先探し。1泊なら近場、行ける所もしぼられていきます。
「あるくんここは?郷土玩具と泊まれる宿」「だんな、まったく魅かれないよ・・」「あ、ここ!宇宙に一番近いホテル!」「絶対に、やだよ」
どこから探してくんだよそんなホテル!を、次々と却下されただんなは、私の大事な『自遊人・美味しい宿大賞』を開き始めました。ここに載っている所なら、私もきっと納得すると思ったのでしょうよ。
そして奴は見つけました。そこに載っている中では、多分一番へなちょこな宿を。
「あ。ここは?」「あ゛あ゛?」「清里の清泉寮」「寮?」調べてみると、そこは本当に昔は寮だった昭和13年に建てられた場所でした。赤い三角屋根は清里の観光名所にもなっていると。
そして新館と本館があるんだけど「まるで寮に泊まっているみたいでイヤ」と不評な本館にこそ、確かに泊まってみたい!私の本に載っていたくらいなのですから、料理はバイキングながら素材が素晴らしいとあります。口コミでは「今まで食べたホテルのバイキングではNo1 」とまで。
うーむ!
悪くは無い。だけど清里か・・。
清里在住、もしくは清里を心から愛する方には申し訳ないのですが、私なんかはつい頭に、ファンシーなミルク缶やらリボンやらキノコやらが浮かんで来てしまうのです。・・バブル・・・。
「今の清里って、どうなんだろうね?」
そう思って検索したら、ファンシーの残骸達が次々と現れるじゃないですか。
「沖縄の代わりにゆっくりしにいく旅に、ここはどうかな?」
相談して、ここはいずれ友達と数人で訪れる事にして、悩みながらも却下。
「そうすると、やっぱりここが、いいんじゃないかな?」早くから候補にも挙がり、保留にしておいた、山梨の山奥一軒宿。
『船山温泉』
こうして、ようやく旅先を決めた私達は、予約を取り、翌日の朝山梨へと出発したのでした。



沖縄は中止になったけど、日本中どこにでも行ける気がして、大変楽しかったですよ。
沖縄も、近いうちにリベンジしたいです。

それではみなさま、また来週。
そう。来週は『海中アパルトメント』の紹介です!



 

スポンサーサイト

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • 15:51
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

プロフィール


石川ある
いしかわある 西荻窪 ニヒル牛・ニヒル牛2オーナー 埼玉県所沢市出身。ニヒル牛2では、今『旅の本展』開催中!

バックナンバー

過去の記事

コメント

リンク

others


sponsored links