スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

店番日誌ディープ・踊りましょう・・。

こんにちは。
モガのショップガールです。
本日は、あれはモダンだったのか、それとも混沌なのか、はたまた通りすがりのデニス(金曜日の肉連載担当)が残していった言葉『キチ◯イのパーティですか?』なのか・・。
昨日のカヨ様の講座を振り返りたいと思います。

まずは、カヨ様から頂いたメールにあったお言葉を転載します。


『實踐・家庭生活講座は、モガやモダンガールついて取り上げた内容ではなく、「大正から昭和にかけての樣々なことを實際に試してみる」といふ趣旨で行ひました』
了解致しました。

そんなカヨ様が準備にいらして、最初におっしゃった言葉に、私は軽く衝撃を受けました。
「まずは、踊りたいと思っております」
「お、おどり、ですか?」
「はい、こちらです」


「この踊りを!!」
ここでも、まずカヨ様のメールから引用を!
『こちらは大正12年の童謠で、4年前に振附の資料を入手しまして(振附は何年の物か今すぐ分りません)いづれ皆さんで行ひたいと考へて居りました。夢が叶つて良かつたです。』
そ、そうか。夢だったのか。よかった!!
最初は戸惑いましたが、少女倶楽部に掲載されていたというこの踊りは、ポーズがいちいち可愛らしく、おっちょこちょ、い、いや、好奇心おう盛な私はすぐさま魅了されました。
踊りたい!
ものすごく踊りたい!!
私はショップガールだから、自分が踊る必要は無く、むしろ、皆様が踊られるのを暖かく見守ればいい立場なのですが、そんな分別は持てませんっ。
資料が渡され、講座に集まった人々に、カヨ様からまたまた衝撃の発言が。
「私も踊れません。今朝の六時から習い始めましたが、覚えられていません。皆様、私では無く、紙を見て下さい」
え、えええええ・・・。
皆様に、軽い動揺が走ったのは、ショップガール感じておりました。


それでも踊ります。

踊ります!

踊ります!!(カヨ様、手の向きが逆です。つられてお客様も逆です・・)

汗をかきました。はあ、楽しい!
私が踊っていると聞いて、いてもたってもいられなくなったスタッフのキエコさんも走って来て、後半の講座には参加。
キエコさんは「おかやんも一緒に!」と仲良しのおかやんを誘っておりましたが断られていました。
後日談ですが、私が「82歳に無茶だよねえ、おかやん誘うなんて」と伝えました所、おかやんは「あるっちゃありだね!私は誰よりも早く覚えて踊れたね。踊りはセンスだからね!」と、根拠の無い自信で答えておりましたよ・・。あるっちゃありじゃないよ・・。
「あるさん、これはもっともっと踊りたいです。発表会をしたいです」
「白い、アラブ風のお揃い衣装作らなきゃだね」
その後、私以上に踊りに魅了されたキエコさんが、いらしてくれるお客さんに踊りを披露したがって困りましたが。

さて、お次ぎは前回もやったコルクを焼いて作る眉墨。
健康の後は、美容です。


火がつかなくて苦戦するモガ様。
何事かとのぞき込む自転車の紳士に「妖しくはありません。眉墨を作っているだけです」と申し上げましたが、何故だか無視されました。
眉墨を塗りつつ、乙女としての心構えも出来た頃に、現れたのはもちろん豆腐です。

またまたカヨ様のお言葉を。


お豆腐の美顏術」(豆腐クリーム)は、昭和9年の史料を參考にしました。
は、はい。


第一回の講座は、心静かに文化を実践しようとする女史達に溢れ、みんな豆腐を手に塗って、その使い心地に歓声をあげておりました。
「手が白くなるわ」「つるつるよ」と。
それで、充分だったはずなのですが・・。
二回目は、うちのキエコさんや、もっともっと参加したくなっているショップガール、そして、何故か少々冒険心が強過ぎた人々が集まりました。
実践するカヨ様の姿に心を打たれ。


「カヨ様、私も顔にいきます!」
「メークしていますが、かまいませんっ!!」


・・・・・・・・。
ショップガールだって!!


ふわあっつるつる!
皆様、これ、真面目にいいです。
全員のお肌がつるつるになりましたよ!

ああ、楽しい講座も最後の項目を残すだけになりました。
なんて名残惜しい・・。
最後は教養を磨くために、葉書の書き方を習います。


カヨ様が用意して下さった、かなり新しい(昭和40年代)モガ談の葉書の中から好きな風景印を選び、それに、見本に書かれた文面を書き写すのです。
これは、中々皆様苦戦されていましたが、出来上がった葉書は、どれも現代の物とは思えない仕上がりに。


「これをやる事によって、例えば博物館などでこの時代の葉書を見た時に、少し内容が理解出来る様になるのです」
な、なるほど!!
踊りや豆腐クリームには大変乗り気だったのに、葉書はさっさとやめてしまったショップガール、反省です。

参加の皆様に、昭和9年の献立を元に作られました山本直味さんのお菓子や、カヨ様のモガ仲間のお客様から頂いた堅ポーロ等のお土産をお渡しして「淺井カヨの實踐・家庭生活講座」は終了致しました。

ものすごく、よい講座だったと思います。
この築85年の建物で、カヨ様にやって頂いてよかったと改めて思いました。
そして、あの素敵な踊りを完璧にマスターしたいと、キエコさんと共に、今は強く考えております。

ありがとうございました。

 

スポンサーサイト

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • 17:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

プロフィール


石川ある
いしかわある 西荻窪 ニヒル牛・ニヒル牛2オーナー 埼玉県所沢市出身。ニヒル牛2では、今『旅の本展』開催中!

バックナンバー

過去の記事

コメント

リンク

others


sponsored links