スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

店番日誌ディープ・怒涛の1月

ご無沙汰してしまいました、店番です。
ずっとブログの更新出来なくて、ごめんなさい。
店番は元気です!
ただ、こちらを読んで下さっている方はご存知だと思いますが、1月はニヒル牛2の閉店作業、そして新生ニヒル牛の準備・・。
それを同時進行でやっておりまして、おかやんに言わせると「あのあるくんが、生まれてから一番働いている!」一ヶ月となっておりました。
まあ、私よりも全然働いてくれていた人々がいるのですが。
ほんとはね、一ヶ月も店を休むんだから、余裕で温泉くらい行けちゃうんじゃね?と思っていたわけですが、思っていた私を殴りたいです。
「店作り、なめんな!」
後半は夜ご飯をきちんと食べる時間もありませんでした・・。
それでも楽しかったんですよ。
毎日ね、とてもとても楽しかったです。
だんなはインフルエンザAにかかったりして私に迷惑をかけていましたけど、それでも楽しかったです。
そしてだんなは、1月は一度もニヒル牛に顔を出す事もなく、インフルエンザが完治したと同時にチェンマイへと出かけていきましたが、腹は立ったけど、影響はありませんでした。
彼、アイデアを出す以外は、どうせ使えないから。

そんな1月。
ニヒル牛2は最初、ほんとにここからすべてを片付けられるのか?という状況でした。


遠い目で見つめた風景・・。
だけど、スタッフ達がほとんどボランティアで毎日誰かしら顔を出し、てきぱきと片付けは進んでいきます。
前半は毎日作家さんも来て、作品の返却をして挨拶をして。


差し入れも色々頂きました。猿のクッキーとか、通りすがりの常連さんにベーグルサンドとか。
ありがたかったです。
「あるさん、ほら昼ごはん!」って、ここはどんな下町だ。
大量に出た物たちは『ご自由にお持ちください』を出しておくと、ほとんどが誰かが持っていってくれます。
さすが西荻だなあ。



さて。
そんな間にも、同時進行で、ニヒル牛にはくす美がいます。健さんがいます。
ニヒル牛も、動き出しています。

最初くす美に、新しいニヒル牛のアイデアとして「木を生やそうと思うの」と言われた時には⁉でいっぱいでした。
木・・!?店内に、木?
「大丈夫。絶対に素敵になります」と。
そ、それならと、おそるおそるその案に乗って。
1月の初めに、ニヒル牛に木が生えると、確かにそれは、ものすごく新しくて、わくわくする風景でした。

おかやんは「私は最初から木だと思っていたね!」と言ってます。
後出しじゃんけんですね。


そしてニヒル牛2は、結局、建物引渡しの前日にはきれいさっぱり片付きました。

後はもう、鍵を返すだけ。
翌日一人で、ガランとしたニヒル牛2の中に座って、寂しくは無いのだけれど、とてもしんとした気持ちになりました。


10年間面白かったなあって。


建物に、ありがとう。

そのままニヒル牛に寄ると、くす美が作った、新しい箱が出来ていました。
それはほんとにかっこいい箱で。


ニヒル牛2で使っていた色んな廃材を解体して、組み合わせられたそれは、もうそれ自体がすげえ素敵で。(写真より実物!!)
私は最初ニヒル牛2を作る時、くす美にお願いした事があるのです。
「新しい店には、くす美の作品と呼べるようなスペースを作って欲しい。それを貸したい」と。
10年後に、それが形になった思いでした。


今回のくす美の箱は、作品もとても素敵に見せてくれる。
作家さんが見せ方を工夫したくなる。
ここを借りた作家さんが「イメージが広がった」「刺激を受けた」と言ってくれたのが嬉しい。

ニヒル牛の改装工事は、開店する当日の朝方4時までかかりました。
「プロの方がいた」といらっしゃった作家さんが言ってましたが、作業着の健さんはプロだけど、古くからの30年前からの友達です。
電気の配線等、全部全部、資格を持っている健さんの仕事。隣は、巻き込まれて手伝ってくれ、若いからとこき使われた大ちゃん。


緑を見上げながら「これは、俺には分かんないけどね」と。
ご近所のサウスアベニューさんや見晴らし料理店さんが差し入れを持って来て、新しいニヒル牛をのぞいてくれます。


本当にね、ここはどんな下町なんだと。
「私は、最後は雑巾がけをしたいです!」
新しいニヒル牛の事務周りや、整理整頓全般を引き受けていたスタッフキエコの号令のもと、ふらふらになりながら、最後に床の雑巾がけをして完成!!
間に合うのか?!と一部をざわつかせていたニヒル牛。堂々のリニューアルオープンです!
最初のニヒル牛、ニヒル牛2と同じくらいか、なんならそれ以上に、私はここを気に入っています。



遊びに来て下さいね。
ほとんど毎日、12時から20時までやっています!






 

スポンサーサイト

  • 2016.06.21 Tuesday
  • -
  • 15:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

プロフィール


石川ある
いしかわある 西荻窪 ニヒル牛・ニヒル牛2オーナー 埼玉県所沢市出身。ニヒル牛2では、今『旅の本展』開催中!

バックナンバー

過去の記事

コメント

リンク

others


sponsored links